中西 圭三

1991年3月「タンジェリンアイズ」 (Pioneer LDC)でデビュー
この年、ダンスユニットZOOに提供したシングル「Choo Choo TRAIN」(2003年EXILE によりリメイク)はミリオンヒットに。
90年代のポップダンスシーンを牽引する代表曲となり、第 13 回 JAM広告音楽大競技会作曲賞を受賞。

翌1992年自らの楽曲「Woman」「You and I」がCMタイアップとともにヒット。
同年、「Woman」で日本レコード大賞作曲賞を受賞。第 31 回紅白歌合戦へ出場。
ア ルバム「Yell」「Steps」「STARTING OVER」はオリコンアルバムチャートNo1に。

1994年には森永製菓の企画ユニットICEBOX に参加。シングル「冷たいキス」がヒット。

1995年以降はWendy Morton・Peabo Bryson・Christina Aguileraなど海外のアーティストとも楽曲をリリース。
Peabo Brysonに提供した「LIGHT THE WORLD」(デビーギブソンとのデュエット曲)が収録されたアルバム「Unconditional Love」はグラミー賞にもノミネートされる。

1998年にはビビアンスーが在籍したNTV「うりなり」の企画ユニット”ブラックビスケッツ”に提供した「タイミング」がミリオンヒット。

最近では NHK「おかあさんといっしょ」月の歌として好評を博した「ぼよよん行進曲」や「まんまるスマイル」の制作、「ぱわわっぷたいそう」の歌唱等、次世代への作品に多数参加。
2007年から子供達への読み聞かせ企画「うたえほん」の制作。
円谷プロ制作による「大怪獣バトルNEO」への音楽制作での参加。
佐渡在住の篠笛奏者・狩野泰一、アメリカ市民権を持つジャズピアニスト・宮本貴奈と共に「WA-OTO」コンサートの開催。
弦楽ユニットSEASONSとの「ネオクラッシックコンサート」、童謡歌手・はいだしょうことファミリーコンサートを開催。
社会貢献活動として、児童虐待の啓蒙運動である「オレンジリボン運動」や様々な福祉施設に対するチャリティー活動への参加。
東日本大震災から端を発した日本中の家族を元気にする国づくり「ぼよよん共和国プロジェクト」。
地元、岡山「岡山国際音楽祭」のプロデュースなど地域や国境、さらにはさまざまな境遇を超えた音楽でのコミュニケーションを目指して精力的に活動を続けている。